LGBTの認知度が高まる中、本作のような作品を特殊に思う人は少なくなっただろう。センセーショナルに扱うことはなくなり、それは一つのモチーフとして自然にそこに在る。『かもめ食堂』、『めがね』の萩上直子監督が手掛けた『彼らが本気で編むときは』には、しかし、穏やかな雰囲気の中に、私たちが更に上るべき階段が用意されている。

小学5年生のトモ(柿原りんか)は、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。母はあまり世話をしてくれず、トモの主食はコンビニのおにぎりだ。ヒロミは時々好きな男を追いかけて行方不明になる。ある日また母がいなくなり、トモは叔父マキオ(桐谷健太)の元へ向かう。母がいなくなると毎回マキオの家へ身を寄せているのだ。

しかし今回は様子が違う、実はマキオには同棲中の恋人がいるらしい。家にいたのはリンコ(生田斗真)という美しい女性だった。リンコはトモのために美味しい夕食を作ってくれ、和やかな時間が過ぎて行くーー。トモは前もってマキオから聞かされていた、リンコは元々男性だったのだと。トモは、初めて接するトランスジェンダーの女性に戸惑いながらも、3人の同居生活が始まる。

俗に言う「女子力」という採点ポイントが有効ならば、リンコはとんでもなく高いスコアだ。料理上手で家事も完璧にこなし、立ち居振舞いも美しい、介護士として献身的に働く慈愛に満ちた女性だ。週末にはピクニック、一緒にゲームをし買い物に出掛ける、朝は髪をとかしてくれ、不安な夜は抱き締めてくれる。母のヒロミが決して与えてくれない時間を過ごすうちに、トモとリンコは互いに深い愛情を寄せるようになる。

しかし「女性ではない」ことで、リンコがずっと苦しんできたことをトモは知る。幼い頃から彼女が受けてきた屈辱や悔しさを昇華させるため、リンコはずっと編み物を続けてきたのだ。性別の違和感に苦しんでいた幼いリンコを受け入れ尊重し続け、誰よりも彼女を守ろうとするリンコの母フミコ(田中美佐子)や、元男性と知りつつもリンコの美しい心を深く愛するマキオ。彼らはリンコの性別ではなく、彼女の存在自体を愛している。性別なんかくそくらえなのだ。

一方、トモの同級生カイ(込江海翔)の厳格な母ナオミ(小池栄子)はリンコの外見だけで判断し、トモの前でリンコを侮辱する。トモの母ヒロミも、リンコが女性でないことを激しく罵る。自身の子供の悲しみに気づき、抱き締め安心させることが出来なくても、彼女らは女性であるだけで優越すると信じている。

誰かを大切に思う時、性別や血縁だけでは愛の深さは計れない。柔らかで幸せな日々、繰り返す3人の疑似家族の暮らしにはかけがえのない絆があった。母がトモのもとに帰ってきた時、3人はどんな決断を下すのか、そしてリンコが編み続けたものの行方はどうなるのかーー?

普段は男気と凛々しさに溢れる俳優、生田斗真が演じるリンコが、それはそれは素晴らしく可愛い、それはもう涙がでるほどに。本作は間違いなく、彼の役者としてのターニングポイントになるだろう。リンコを愛するマキオ役の桐谷健太も素晴らしい。彼の愛はきっとこれからも揺るぎない。自立心が強いけれど寂しさを抱えるトモ役の柿原りんかの演技がいじらしく、抱き締めたくなる。ミムラ、小池栄子、りりィ、門脇麦、田中美佐子と実力ある俳優たちが脇を固め、物語を彩る。

誰もが弱いから、分かりやすく「違う」人を責めてしまうけれど、何もかも一緒の人間がこの世にいるのだろうか?「知る」だけではなく、「違い」に対して曇りの無い心で接すること、思いやることーーそれこそが心豊かで、優しさに満ちた世界へと繋がるステップであり、必要なプロセスなのだ。

文:小林サク

© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で

http://eigairo.com/wp-content/uploads/2017/02/f581045f8113f481cd77aba88996d6d6-600x600.jpghttp://eigairo.com/wp-content/uploads/2017/02/f581045f8113f481cd77aba88996d6d6-200x150.jpgシネマカラーズ先取りレビュー映画のえとせとら小林サク,桐谷健太,生田斗真,荻上直子LGBTの認知度が高まる中、本作のような作品を特殊に思う人は少なくなっただろう。センセーショナルに扱うことはなくなり、それは一つのモチーフとして自然にそこに在る。『かもめ食堂』、『めがね』の萩上直子監督が手掛けた『彼らが本気で編むときは』には、しかし、穏やかな雰囲気の中に、私たちが更に上るべき階段が用意されている。小学5年生のトモ(柿原りんか)は、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。母はあまり世話をしてくれず、トモの主食はコンビニのおにぎりだ。ヒロミは時々好きな男を追いかけて行方不明になる。ある日また母がいなくなり、トモは叔父マキオ(桐谷健太)の元へ向かう。母がいなくなると毎回マキオの家へ身を寄せているのだ。しかし今回は様子が違う、実はマキオには同棲中の恋人がいるらしい。家にいたのはリンコ(生田斗真)という美しい女性だった。リンコはトモのために美味しい夕食を作ってくれ、和やかな時間が過ぎて行くーー。トモは前もってマキオから聞かされていた、リンコは元々男性だったのだと。トモは、初めて接するトランスジェンダーの女性に戸惑いながらも、3人の同居生活が始まる。俗に言う「女子力」という採点ポイントが有効ならば、リンコはとんでもなく高いスコアだ。料理上手で家事も完璧にこなし、立ち居振舞いも美しい、介護士として献身的に働く慈愛に満ちた女性だ。週末にはピクニック、一緒にゲームをし買い物に出掛ける、朝は髪をとかしてくれ、不安な夜は抱き締めてくれる。母のヒロミが決して与えてくれない時間を過ごすうちに、トモとリンコは互いに深い愛情を寄せるようになる。しかし「女性ではない」ことで、リンコがずっと苦しんできたことをトモは知る。幼い頃から彼女が受けてきた屈辱や悔しさを昇華させるため、リンコはずっと編み物を続けてきたのだ。性別の違和感に苦しんでいた幼いリンコを受け入れ尊重し続け、誰よりも彼女を守ろうとするリンコの母フミコ(田中美佐子)や、元男性と知りつつもリンコの美しい心を深く愛するマキオ。彼らはリンコの性別ではなく、彼女の存在自体を愛している。性別なんかくそくらえなのだ。一方、トモの同級生カイ(込江海翔)の厳格な母ナオミ(小池栄子)はリンコの外見だけで判断し、トモの前でリンコを侮辱する。トモの母ヒロミも、リンコが女性でないことを激しく罵る。自身の子供の悲しみに気づき、抱き締め安心させることが出来なくても、彼女らは女性であるだけで優越すると信じている。誰かを大切に思う時、性別や血縁だけでは愛の深さは計れない。柔らかで幸せな日々、繰り返す3人の疑似家族の暮らしにはかけがえのない絆があった。母がトモのもとに帰ってきた時、3人はどんな決断を下すのか、そしてリンコが編み続けたものの行方はどうなるのかーー?普段は男気と凛々しさに溢れる俳優、生田斗真が演じるリンコが、それはそれは素晴らしく可愛い、それはもう涙がでるほどに。本作は間違いなく、彼の役者としてのターニングポイントになるだろう。リンコを愛するマキオ役の桐谷健太も素晴らしい。彼の愛はきっとこれからも揺るぎない。自立心が強いけれど寂しさを抱えるトモ役の柿原りんかの演技がいじらしく、抱き締めたくなる。ミムラ、小池栄子、りりィ、門脇麦、田中美佐子と実力ある俳優たちが脇を固め、物語を彩る。誰もが弱いから、分かりやすく「違う」人を責めてしまうけれど、何もかも一緒の人間がこの世にいるのだろうか?「知る」だけではなく、「違い」に対して曇りの無い心で接すること、思いやることーーそれこそが心豊かで、優しさに満ちた世界へと繋がるステップであり、必要なプロセスなのだ。 文:小林サク © 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会 2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショーシネマから、はじめよう。