1986年の初演以来、全国で167万人もの人たちに深い感動を与え続けている国民的ミュージカル『アニー』が、翻訳台本、演出、振付、舞台美術、衣裳など、すべてを一新!2017年新演出版で始動!

これまで16年間演出を担当したジョエル・ビショッフにかわり、新たに『ラ・カージュ・オ・フォール』『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』などの演出で知られる山田和也を演出に迎え、さらには翻訳台本、振付、舞台美術、衣裳なども一新。新演出版のミュージカル『アニー』が、4月22日からの東京公演を皮切りに、大阪・仙台・名古屋・上田に上陸!

パパとママに会える日を夢見て、ニューヨーク市立孤児院で生活するアニー。いじわるなミス・ハニガンの下で仲間たちと一緒に辛く厳しい日々を送っており、何度も孤児院を抜け出す。ある日大富豪のウォーバックスと出逢い、気に入れられたアニーは両親を探してもらうことになるが――。純粋な気持ちをもつアニーに、大人たちが忘れかけていた思いに気付かされる感動のストーリー。

公開ゲネプロ後に行われた囲み取材には、主人公アニー役の野村里桜(バケツ組)と会百花(モップ組)、大富豪ウォーバックス役の藤本隆宏、ミス・ハニガン役のマルシアが応じた。(2017年4月22日 新国立劇場 中劇場)

Q.ゲネプロを終えて今日から本番ですが、お気持ちは?
会百花 とても緊張していますが、大人のキャストさんや孤児役のみんながついているので安心して舞台に立つことができると思います。
野村里桜 緊張して上手くいくかわからないですけど、失敗しても笑顔で頑張ろうと思います。
藤本隆宏 緊張しているのは大人の方で。稽古はハードで本当にワンシーンを作るのにも何日もかけてきました。今年だけではなくずっと続くものなので責任感を持ってやってきました。安堵と不安がありますがここまできたからにはやるしかないので、今はそういう気持ちです。
マルシア すごく楽しみです。新しい演出なので長い稽古で細かく作り上げてきました。あとはお客さんと一緒に楽しみたいです。

Q.今回から新演出ですが、見どころを教えてください。
野村 セリフが変わっているので注目してほしいです。
 ロケットのシーンやサンディとのシーンが好きなのでそこを観て欲しいです。
藤本 衣装や音楽、舞台セットなども変わり、テンポアップしてコンパクトに演出されています。
マルシア 全部観ていただいて、今までとの違いも楽しんでください。

Q.稽古場の雰囲気はどうですか?
藤本 上手く芝居が出来なくても子供たちがいると穏やかで。それだけで癒されます。

Q.アニー役の二人の印象は?
マルシア それぞれ伝わってくるものが違うから、自分の演技でも変わってくる部分もあります。アニーって最高だなって改めて思います。

Q.二人から見て、藤本さんとマルシアさんの印象は?
野村 優しくて演技が上手い人です。
 優しくて演技のアドバイスもしてくれます。

Q.最後に、これから観るお客さんに向けてひと言ずつお願いします。
 新しくなった『アニー』を観て、楽しかったな、もう一回観たいと思ってもらえるように一生懸命頑張るのでぜひ観に来てください。
野村 間違えないように頑張るので、ぜひ観に来てください。
藤本 16年振りに新しくなった『アニー』ですが、昔の良いものを残しながら現在の演出を取り入れています。我々と一緒に感動を共有して頂きたいです。
マルシア 生のものは総合芸術で一瞬で終わってしまうので、一緒に新しい『アニー』を感じて、皆さんの心にも希望が与えられたらいいなと思っています。

取材・スチール撮影 南野こずえ

丸美屋食品ミュージカル『アニー』
東京公演(新国立劇場 中劇場)2017年4月22日~5月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で