小出恵介、男泣き!長澤まさみ、木村文乃、川口春奈も登壇『ボクたちの交換日記』



ウッチャンナンチャンの内村光良が、7年ぶりにメガホンをとった『ボクたちの交換日記』初日舞台挨拶が行われ、伊藤淳史・小出恵介・長澤まさみ・木村文乃・川口春奈・ムロツヨシ・内村光良監督が登壇。

売れないお笑いコンビの生活と葛藤を、伊藤淳史と小出恵介のダブル主演で描いた本作について、監督の内村光良(以下:内村)は「絶対に損はさせないよう、頑張って作りましたので大勢の方に観ていただきたい」と自信作であることを強調した。

思い出深いシーンについて伊藤淳史は「コントのシーンは稽古から内村監督に厳しく指導していただいて。不安だったんですけど、チームワークで乗り越えた。」と振り返り、長澤まさみ(以下:長澤)は、小出を引っぱたくシーンで「私のビンタは痛いよ」と、宣言をして撮影していたことを明らかにした。また、伊藤を支える役を演じたことについて木村文乃は「一緒にいる時はホッとしてほしいので、空気を大事にしました」と言うと、内村は「(劇中で着用している)TSUTAYAの制服が日本一似う役です」と付け加えた。

内村は「お笑い芸人という役柄に、正面から取り組んでくれてありがとう。コントの練習しつこくてゴメンね。何テイクも撮らさせちゃってゴメンね。あれから1年、桜を見るたびに必ずこの映画のことを思い出します。初日を迎えられた事、幸せに思います」と、伊藤と小出への手紙を読んだ。それに対して小出恵介(以下:小出)は「すごく素敵な方だなと思って。そういう方の人間的な魅力が映画にすごく出ていますし・・・・・・」と、言葉を詰まらせ、感極まって男泣きする一面も。

川口が「本当に素敵な方で、テレビで小さい頃から見ているイメージと全く変わらなくて、すごく楽しかったです。優しくて」と、内村の印象についてコメントすると、「娘にしようかなと思ってます。出来ることなら(笑)」と照れ笑い。さらには、長澤から「子供の頃から大好きだったし、今も大好きなんです。」と、告白され、「今、わたし『モテキ』です」と長澤の出演作品にかけて、内村らしく笑いを誘った。

小出は「WBCでの言葉で『監督を男にしたい』を思いました。監督がいい気持ちで初日を迎えられていたら嬉しいっす」とコメントし、会場からは温かい拍手が起きた。

取材・スチール撮影:南野こずえ (2013年3月23日 新宿ピカデリー)


【ストーリー】
夢を諦めていい理由が、人生には一つだけある。 笑いに情熱の全てを捧げた男たち2人の、夢への渇望と絆を描いた感動作。
結成12年目、いまだ鳴かず飛ばずのお笑い芸人「房総スイマーズ」。これまでコンビの今後について真剣に話すことを互いに避けてきたふたりも、気がつけば30歳。お笑いに懸ける思いは本気。でももう後がない。だから何とかして変わりたい。そう思ったふたりは、「交換日記」を使ってコミュニケーションを取り始めた—-。

『ボクたちの交換日記』
監督:内村光良 キャスト:伊藤淳史 小出恵介/長澤まさみ 木村文乃 川口春奈/ムロツヨシ/ベッキー(友情出演) カンニング竹山(友情出演)/大倉孝二・佐藤二朗/佐々木蔵之介
主題歌「サヨナラじゃない」FUNKY MONKEY BABYS
原作:鈴木おさむ「芸人交換日記~イエローハーツの物語~」(太田出版刊)
2013年3月23日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
公式HP http://koukan-nikki.jp/
(c)2013「ボクたちの交換日記」製作委員会 配給:ショウゲート

記事が気に入ったらいいね !
最新情報をお届け!

最新情報をTwitter で

おすすめ記事