【知的障害者と健常者。音楽が、その隔たりを崩壊させる。】
知的障害者の僧侶たちを擁すフリーミュージック集団『ギャーテーズ』。
彼らの軌跡をおった異色のドキュメンタリー!!

【ストーリー】
静岡県富士宮市・超教派弘願寺の二代目住職、角田大龍。元ロッカーの彼は1995年、寺で共に暮らす3人の清僧(せいそう=弘願寺で修行する知的障害を持つ僧侶)らとバンド『ギャーテーズ』を結成。

高橋ヨーカイ(ex.裸のラリーズ)、石塚俊明(from 頭脳警察)ら実力派ミュージシャン達とともに構成されるその演奏は、インプロビゼーション(即興音楽)を中心に清僧3 人がフロントに立つアバンギャルドなスタイルで話題となり、その活動範囲は大きく広がっていった。2002 年、大龍の恩師であり寺の創設者である朝鮮人宗教家、釋弘元(和上)がNY より突然の帰国。

苦境に喘ぐ寺の再建の過程で、次第に朝鮮人・和上と大龍との違和感と確執が表面化していく。それは単なる考え方の違いではなく、『日朝日韓問題』という歴史的背景が絡んだあまりに複雑な文化意識の差であった。

このドキュメンタリーは、心臓を患った大龍が3ヶ月間入院していた間、清僧たちが諍いながら不器用に寺での生活を営んでいく姿にはじまり、ギャーテーズ復活ライブ当日までの日々を追った記録映像である。世界共通言語である『音楽』を軸として、歴史を知る人間と知らない人間、その双方が生きる現在に、過去はどう受け止められるべきなのだろうか。

『ギャーテーズ』とは・・・ 
1995 年 フリーミュージック集団として結成。障害を持つ人々をメンバーに含み、即興で行われるギャーテーズのライブには、混沌とうごめいていた音がやがて方向性を持ちはじめ、時空を超えて一つになって往く瞬間がある。それを是非体感して欲しい。その時、きっとあなたも境界線を超えて往く人となるだろう。

ステージで音を出すという行為は、責任を取るということで、そこには障害者も健常者もなく、ただ問われるのは、『生きてる?』ってことだけである。
ギャーテーズは現在、十数名のミュージシャンを擁し、その時々によってメンバーを変えて演奏を続けている。彼らは、ボランティアでも何でもなく、ただただ清僧さんの人柄や資質、そして自分の納得する演奏をしたい、新しい音を作っていきたいというだけの理由でギャーテーズに参加してくれる。

他に何の意味付けも理由も必要ない。 だから俺たちは、今日もやりたいようにやるのだ。

『ギャーテーズ』HP http://homepage2.nifty.com/Zapatista-Kansai/GYAATEESindex.htm

作品情報『FREAKOUT (フリークアウト)』
公開情報新宿K’s cinema、渋谷UPLINK にて
2011年3月5日(土)~ ロードショー公開決定!!
監督矢口将樹 (監督・撮影・編集)
キャストギャーテーズ
角田大龍(Syn Key)、小山大僑(Vo)、大久保弘順(Vo)、荒川大愚(Cl)、高橋ヨーカイ(Bass ex.裸のラリーズ)、 棟居イズミ(G)、石塚俊明(Ds from 頭脳警察)、寺田佳之(Per)、松本ケンゴ(G from フリーキーマシーン)/釋 弘
配給ふーてんき
公式HPhttp://www.freakout-movie.com
 C) TRICKSTER FILM

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で