松坂桃李、もっともっと時代劇を盛り上げたい『居眠り磐音』初日舞台挨拶



『居眠り磐音』の初日舞台挨拶が行われ、主演の松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督が登壇した。(2019年5月17日 丸の内ピカデリー)

本作は平成で最も売れている時代小説シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、累計発行部数2000万部を突破した名作『居眠り磐音』を原作とする時代劇エンターテインメントである。

坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼なじみを失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった−。
江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう−。

MC まず松坂さん、時代劇初主演を務められまして、本編の見所は迫力のある殺陣のシーンだと思うんですけど、ご苦労されたことはなかったですか?
松坂 苦労…そうですね。大変なことの連続だったんですけど、まず構えからどうすればいいかというところから殺陣師の方と相談して、「こういう風に構えたほうが眠っているように見えるんじゃないか?」ということでそこから立ち回りを一緒に付けたりして。撮った時期が季節的に寒い時期だったんで。非常に寒く…大変でしたよね、佑さん。
柄本 え!?俺?
松坂 一緒にやったじゃないですか!立ち回り。
柄本 そんなに寒かったっけか?動き回ってるからよく分かんなかった(笑)
松坂 確かに。我々は動きがあったから。

MC 木村さん、本格的な時代劇に初めてご出演されましたけど、京都の時代劇のスタッフの方とのお仕事というのはいかがでしたか?大変なこと、苦労されたこととかありませんでしたか?
木村 苦労は無くはなかったんですけど、京都の皆さん本当に温かくて。分からないことは聞けば教えてくれるし、出来ないことは皆で協力して出来るようにしよう、っていうスタンスでいてくださるから。こんなに整った環境でお芝居できることってなかなか無いなって、他では無いなって思うぐらい京都が好きになって帰ってきました。
MC そして芳根さん、磐音にとってかけがえのない存在である奈緒を演じましたけど、実は磐音と同じシーンというのはあまり多くは無かったんですよね?どのように奈緒というキャラクターを作っていったんでしょうか。
芳根 とにかく監督とご相談させていただきながら、「いつも心に磐音さま」っていうキャッチコピーみたいなものを掲げていました。一人のシーンが多かったので、孤独に打ち勝つ気持だったりとか、メンタルの面は強くあろうとしていたな、と。でも溢れてくる感情とか涙とか、全部ありのまま出していいよって監督に言っていただいたので、凄くありがたくて。楽しく撮影させていただきました。

MC  今回、京都で長年時代劇を作っていらっしゃるスタッフと作りあげた作品ということですけれども、監督から見て、主演の松坂さんの立ち居振る舞い、役柄としていかがでしたでしょうか。
本木監督 時代劇は主役がとても大事なんですね。主役がちゃんと映画を引っ張っていけるかどうかっていうことで。僕の仲間たちである京都の「活動屋」たちは「ようやく一人発見できた。松坂くんだ」と言っておりました。
MC 松坂さん、長年時代劇を作っていらっしゃるスタッフさんがそんな風におっしゃっていたということはいかがですか?
松坂 そういうことを聞くと、もっともっと時代劇を盛り上げたいなという想いにかられますし、これによって喜びの声が聞こえると、こちらとしても益々嬉しい気持ちになりますね。
本木監督 なかなかこういう正当派の時代劇って映画化することが少ないんですよ。だから非常に貴重な機会だと思ってご覧いただければと思います。

イベントの終盤、MCより「出演者にとっての「ヒーロー」は?」という質問が上がると、木村は「松坂さん」とキッパリと回答。「宣伝でバラエティ番組に出演させていただくことが多いんですけど、松坂さんと一緒だと全てを完璧に穏やかにやってくださるので、隣に居てニコニコしているだけでいいんです。こんなヒーローは他に居ないなって。」とその立ち居振る舞いを大絶賛していた。松坂は照れながら「何でもやります!」と満面の笑顔を見せ、『居眠り磐音』の初日舞台挨拶は幕を閉じた。

取材 福井原さとみ

『居眠り磐音』
5月17日(金)全国ロードショー

記事が気に入ったらいいね !
最新情報をお届け!

最新情報をTwitter で