EXPO01
世界最大級・旅の祭典『ツーリズムEXPOジャパン2015』。世界のツーリズムをリードする総合観光イベントが、東京ビッグサイトにて2015年9月26日~27日まで開催。

「動く。感じる。旅になる。」をテーマに、国内や海外・訪日旅行の振興を目的とし、観光や地域の力を結集して実施する、世界最大級の旅イベント。2回目の開催となる今年は“ステップイヤー”と位置づけ、2020年へ向けた観光産業の果たす大きな役割を、国内外に発信する場となっている。
gotuchidon
食でも魅力を伝えるべく、『全国ご当地どんぶり選手権inツーリズムEXPOジャパン2015』も開催され、全国選りすぐりのご当地どんぶり16種類の食べくらべが、ハーフサイズ(500円)にて楽しめる。札幌九兵衛・とろサーモンといくらの親子丼(北海道)、秋田比内や・比内地鶏親子丼(秋田)、鳥開・名古屋コーチン親子丼(愛知)など16種類の中から、お客様に選ばれた人気の11種類は、2016年1月に行われる『ふるさと祭り東京2016』での「第7回全国ご当地どんぶり選手権」本選の出場権を手にする。

出展ブースでは、国内は47都道府県、海外は欧米・アジア・南米など140以上の国と地域から1500以上が一同に集結し、各国の観光情報・文化体験・物産販売、体験アトラクションなどのプロモーションが行われている。 また、様々なステージイベントや写真展とともに、いまや観光PRには欠かせない存在となった、ご当地の『ゆるキャラ®』も会場をおおいに賑わわしてくれている。EXPO014

記者イチオシのゆるキャラは、エゾナキウサギをモチーフに生まれた、北海道観光PRキャラクターの「キュンちゃん」。1年前に存在を知り、一目惚れ。デスクはキュンちゃんグッズで溢れているにも関わらず、ようやく念願叶ってのご対面という個人的なエピソードも、勝手に添えさせていただきたい。

ですが・・・
ですが・・・
ですが・・・

『ゆるキャラグランプリ2015』中間発表にて暫定1位の「みきゃん」、「ぐんまちゃん」、「しかまろくん」など、気になっているゆるキャラたちに沢山会ってしまうと、少しだけ揺らいでしまう乙女心(笑)そんな気持ちを代弁すべく、数々のゆるキャラ写真をどうぞお楽しみください。EXPO03

「旅で人生が変わった」そんな経験を記者自身もしており、生きる上でとても大きな糧となっている。ガイドブックでもダーツでもサイコロでもいい、まずは目的地を探すことから旅をはじめてみてはいかがだろう。

取材・スチール撮影 南野こずえ

画像:キュンちゃん&どこでもユキちゃん、しかまろくん、みきゃん、Suicaのペンギン、チーバくん、ぐんまちゃん、うなりくん、しまねっこ、せんとくん、たか丸くん、ふくおか官兵衛くん、高雄熊(台湾)の順。

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で

ゆるキャラも!ご当地どんぶりも!『ツーリズムEXPOジャパン』レポートhttp://eigairo.com/wp-content/uploads/2015/09/EXPO01-600x400.jpghttp://eigairo.com/wp-content/uploads/2015/09/EXPO01-200x150.jpgシネマカラーズエンタメな情報ご当地どんぶり,ゆるキャラ,ツーリズムEXPOジャパン,南野こずえ世界最大級・旅の祭典『ツーリズムEXPOジャパン2015』。世界のツーリズムをリードする総合観光イベントが、東京ビッグサイトにて2015年9月26日~27日まで開催。「動く。感じる。旅になる。」をテーマに、国内や海外・訪日旅行の振興を目的とし、観光や地域の力を結集して実施する、世界最大級の旅イベント。2回目の開催となる今年は“ステップイヤー”と位置づけ、2020年へ向けた観光産業の果たす大きな役割を、国内外に発信する場となっている。食でも魅力を伝えるべく、『全国ご当地どんぶり選手権inツーリズムEXPOジャパン2015』も開催され、全国選りすぐりのご当地どんぶり16種類の食べくらべが、ハーフサイズ(500円)にて楽しめる。札幌九兵衛・とろサーモンといくらの親子丼(北海道)、秋田比内や・比内地鶏親子丼(秋田)、鳥開・名古屋コーチン親子丼(愛知)など16種類の中から、お客様に選ばれた人気の11種類は、2016年1月に行われる『ふるさと祭り東京2016』での「第7回全国ご当地どんぶり選手権」本選の出場権を手にする。出展ブースでは、国内は47都道府県、海外は欧米・アジア・南米など140以上の国と地域から1500以上が一同に集結し、各国の観光情報・文化体験・物産販売、体験アトラクションなどのプロモーションが行われている。 また、様々なステージイベントや写真展とともに、いまや観光PRには欠かせない存在となった、ご当地の『ゆるキャラ®』も会場をおおいに賑わわしてくれている。記者イチオシのゆるキャラは、エゾナキウサギをモチーフに生まれた、北海道観光PRキャラクターの「キュンちゃん」。1年前に存在を知り、一目惚れ。デスクはキュンちゃんグッズで溢れているにも関わらず、ようやく念願叶ってのご対面という個人的なエピソードも、勝手に添えさせていただきたい。ですが・・・ ですが・・・ ですが・・・『ゆるキャラグランプリ2015』中間発表にて暫定1位の「みきゃん」、「ぐんまちゃん」、「しかまろくん」など、気になっているゆるキャラたちに沢山会ってしまうと、少しだけ揺らいでしまう乙女心(笑)そんな気持ちを代弁すべく、数々のゆるキャラ写真をどうぞお楽しみください。「旅で人生が変わった」そんな経験を記者自身もしており、生きる上でとても大きな糧となっている。ガイドブックでもダーツでもサイコロでもいい、まずは目的地を探すことから旅をはじめてみてはいかがだろう。 取材・スチール撮影 南野こずえ画像:キュンちゃん&どこでもユキちゃん、しかまろくん、みきゃん、Suicaのペンギン、チーバくん、ぐんまちゃん、うなりくん、しまねっこ、せんとくん、たか丸くん、ふくおか官兵衛くん、高雄熊(台湾)の順。シネマから、はじめよう。