torakage_015

世界が注目する新時代のアクション・エンタテインメント『虎影』の初日舞台挨拶が行われ、主演の斎藤工、芳賀優里亜、しいなえいひ、津田寛治、石川樹、西村喜廣監督が登壇した。(2015年6月20日 新宿武蔵野館)
torakage_01
MC まずは一言ずつお願いします。
斎藤 「公開日を迎えて終わりじゃなくて、僕ら作った人間としても手で届けるような気持ちで。今日から公開がはじまりますので温かく見守っていただけたらと思います」
芳賀 「この日をとても楽しみにしていました。ついにスタートするんだなという思いでいっぱいです。一人でも多くの人に届いたらなと強く願っています」
しいな 「去年の春に撮影された映画ですが、今日まで一度も色あせることなく、みんなで大切にしてきた作品です。虎影愛がどんどん広がってもらえたらいいなと思います」
津田 「西村監督の初の時代劇、初の男性主演にビックリしまして、どんな映画になるのだろうと。現場は壮絶でしたね。西村監督がいつもにも増して狂いまくっていて。仕上がりを観たら、予想を超えることになっていました。ぜひ楽しんでください。」
西村監督 「初めての忍者モノで、男性主役で。漫画原作が多いなか、完全にオリジナルの作品で忍者モノという設定ですけど、家族をテーマに描いた映画となっています」

MC 改めて、初日を迎えての感想は?
斎藤 「今回、主演兼配給・宣伝のような立場で関わらせていただいて。色んなアイデアを出させていただき、ちょっと思い入れが違うというか、感慨深いです。今日から『虎影』がどう育っていくかは、観てくださった方に委ねるしかないので、この作品を愛せるなと思った人は愛していただきたいです」
torakage_04
MC 芳賀さん、斎藤さんの妻役はどうでしたか?
芳賀 「私自身、子供がいる役は初めてで。撮影前にいつも(石川)樹をハグしていたんです。そのハグが終わると、斎藤さんが樹をハグしに行くんです。なんで私の後に樹をハグをするんだろうなと思っていたら、どうやら私の残り香で終わらせたくないらしく(笑)自分の後味で終わらせたいということで、意外とやきもち焼きなんだなと」

MC 津田さん、本作出演のきっかけは?
津田 「『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』のホテルで西村監督と相部屋で。「時代劇を撮るんだけど、津田さんに腐った悪い役をやってもらおうと思って」と言われて。これはなんとしても出たいと思って」
西村監督 「映画の話をする前は、年収の話してたんです」
津田 「そう!「津田さん、いくら?」って聞いてくるんですよ(笑)」
西村監督 「(津田さんが)1歳上なので、この歳だと年収どれくらいかなと」
津田 「俺もバカ正直に答えたら「ふーん、そのぐらい」って。感じ悪いなと(笑)」
斎藤 「あの・・・せっかくの初日舞台挨拶なんで。年収は気になるんですけど(笑)」

MC 石川君は、理不尽なことがあって、言いたい事があるそうですが。
石川 「撮影が3月で寒かったんですけど、みなさんは足袋をはいていて、僕だけわらじで。ほぼ裸足だったので、とっても寒かったです。いい思い出は、僕の濡れた頭を(斎藤)工さんが拭いてくれてとっても嬉しかったです」

マスコミ向けフォトセッション時に、斎藤から「初日のお客さんは作品の広報部長だと思うので、良かったらお客さんも撮ってください」と撮影許可が出て、客席からは喜びの声があふれた。

MC 最後に、斎藤さんから皆さんにお願いします。
斎藤 「今日が全てではなく、この作品の行く末を見守りたいし、海外でも本当に暴れてほしい作品。『虎影』をこれからも宜しくお願いします」

取材・スチール撮影 南野こずえ

【ストーリー】かつて“最強”の名を欲しいままにしていた虎影は、忍びの道を捨て、里の片隅で家族と共に静かに暮らしていた。しかし、妻と息子を人質に取られてしまい、隠された財宝が記された二つの巻物を巡る、命懸けの争奪バトルに巻き込まれていく。愛する者を救う為、再び刀を抜くことを決意した虎影の前に立ちはだかる、凄腕の刺客達――果たして、財宝は誰の手に?そして、虎影を待ち受ける運命とは!?

『虎影』
キャスト:斎藤工 芳賀優里亜 しいなえいひ 津田寛治 石川樹 鳥居みゆき 島津健太郎 三元雅芸 清野奈名 水井真希 屋敷紘子 三田真央 松浦りょう 仁科貴 村杉蝉之介
原作・監督・編集・脚本・特殊造型監督・キャラクターデザイン:西村喜廣
配給:ファントム・フィルム (C)2014「虎影」製作委員会
6/20(土)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショー!

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で