5E0A1800.dng
美魔女ライター 藤井まゆみ 『美に効く映画【サプリ】』

2014年。そろそろ休みボケが解消され、昨年と変わらない”ルーティン”にややお疲れのスイッチが入ってくるころ。また今年の”抱負”に向けて新しい事を取り入れようと意気込む人も少なくないはず。私たちが求めるのは「運気のUP」。”運気を招く”とは、日々の自分のあり方で成就していくものである。では周りから見た、”運気が良さそう” とはどんな人か。それは”ストレスフリーで清々しい姿”の人だ。2014年はそんな自分を演出してみてはどうだろう。今年の目標は「幸運オーラ溢れるステキ人間になる」に決定!それにはまず ”笑って” ストレスを脱ぎ捨てることから始めてみるのをおススメしたい。

今回は、長い正月休みが終わり疲れの毎日に戻ってしまった時、ストレス解消用に”大爆笑できる”映画「なんちゃって家族」をご紹介。マリファナ売人として小金を稼ぎ生計を立てている男デイヴィッド。彼は路上で絡まれているホームレスの少女を助けたことがキッカケで、所持金を路上ギャングにすべて巻き上げられてしまう。元締めである組織のボスに呼び出されたデイヴィッドは、”失くした金をチャラにする代わりにメキシコからブツを密輸入しろ”と命じられる。

この作品の面白いところは、不可能な密輸入を成功させる突破口として、同じアパートのビルに住む貧乏ストリッパーの女、夢見る童貞少年クン、そして自分が助けたホームレスの少女を引き連れて”4人家族”と偽り、アメリカからメキシコへの危険な擬似「家族旅」を始めることになる”設定”にある。ストーリーの起承転結にメリハリがあるロードムービーとしての面白さの上、登場人物が全員クセモノ揃いのインパクト。演じる役者たちを熟練コメディアンでしっかり固め、観客を爆笑の渦に巻き込むテンポが心地いい。面白い人間たちが繰り広げる”珍騒動”に終始、笑いっぱなしになってしまうのである。

あまりのクダらなさから、本作は全米批評家の「酷評」を受けたにもかかわらず、観客の絶大な支持を得て大ヒットした近年稀にみるドタバタ感MAXの1本だ。新年も20日ばかりが過ぎて疲れが出てくるタイミングの”ストレス発散方法”。映画「なんちゃって家族」のクダラなさに大笑いして体を本調子に戻していこう。「幸運を引き寄せる人」になるためには大口を開けて”笑って”スッキリ運気UP。
本年も宜しくお願いします。

fujii_mayumi

ライター 藤井まゆみ (モデル・オスカープロモーション所属)

第1回国民的美魔女コンテスト・美肌美魔女賞・受賞。
『美ST』のTEAM美魔女として多方面で活躍する一方、LAの留学を経験するほどの大の映画好きと知識の豊富さを活かし、映画ライターとしても活動。
“映画を見て美しくなろう”をコンセプトに、美に効く映画を処方します。
ブログ http://bimajo.jp/blog/fujii/index.html
藤井まゆみのビューティシネマ ジャーナル http://ameblo.jp/mayumi-fujii/

『なんちゃって家族』 R15
キャスト:ジェニファー・アニストン、ジェイソン・サダイキス、エマ・ロバーツ
監督:ローソン・マーシャル・サーバー 配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.
2014年1月25日(土)、シネマート新宿他全国公開
公式サイト:http://www.nanchattekazoku.jp