Father_main
閉塞感あふれる現代に生きるすべての父と子へ届ける映画『Father』
30代×40代×50代の監督によるオムニバス・ストーリー!

☆『Father』公開を記念して、5組10名様にチケットプレゼント☆

【応募は締切ました】

シネマート新宿にて、11/2(土)~11/15(金)公開!

本音で語り合うことないまま父を突然亡くした企画者の20年前からの想い。監督、スタッフ、俳優、協力者の誰もが自分の「父、家族」を胸に2013年2月、極寒の中撮影!製作費の一部は個人・企業の協賛金(クラウドファンディング)で集められ,みんなの想いを乗せてついに完成した!!!
ストーリーの裏側には「介護問題」と「子供の教育問題」・・・!
現代社会が抱えるすべての人のリアルな問題を自分の事として観客に問うている。

【『ヴァージンロード』(30分) ストーリー】Father_1
ある日結婚が決まった娘(桜木梨奈)が戸籍を取りに行ったらそこには『養女』との記載が・・。母(咲羽靖子)には言えなかった理由が・・。今まで何も知らずに育った娘と実の娘と思って育てていた養父(松田ジロウ)。娘の仕事先には、実の娘に会えない
男(針原滋)がいた。実の父を知らない娘と、実の娘に会えない男と、義理の娘を育て上げた養父の他人同士の心の交流。「家族とは?血のつながりとは・・・」を静かに問いかける。そして娘の職業が「介護」であることの意味を観客に投げかける。
キャスト:桜木梨奈 松田ジロウ 咲羽靖子 今吉祥子 針原滋  監督・脚本:市原直 撮影:上原宏光

【『俺の屍を越えてゆけ』(35分) ストーリー】Father_2
結婚報告のため実家に婚約者(植田ゆう希)を伴い帰る息子(尾関伸嗣)。母(黒田福美)は息子を女手ひとつで愛情深く育てた。
だが息子は5歳の時に家族を残して亡くなった父の事を未だに恨んでいる。父の愛を知らずに育った息子と幽霊となり現れる父(水野直)。・・・男同士、どう向き合うのか?なぜ父は化けて出てきたのか?父の真の意図は?父の愛はどうやったら子供に伝わるのだろう?!クスッと笑えてホロリと泣ける・・・。現代の親の子供に対する教育問題をも観客に投げかけた意味深い作品。
キャスト:尾関伸嗣 水野直 植田ゆう希 黒田福美  監督・脚本 杉山嘉一 撮影:道川昭如

【『手を伸ばせば』(40分) ストーリー】Father_3
製陶所を家族で営み、細々と寡黙に家族の為に頑張り3人の子供を育て上げた父(花ヶ前浩一)の目が突然見えなくなってしまった・・・。会社を経営している長男(檜尾健太)、結婚して初めての子供を宿す長女(正木佐和)、長女の夫(松原正隆)。そして父親とケンカして家を飛び出した次男(青柳尊哉)。其々の事情を抱えた家族会議…。血のつながった親子でも成人した子供たちには自分の生活がある。どの家庭にも起こりうる「介護」の問題を浮き彫りにし、黙して語ることが少ない「父の幸せの実感」は現実の父たちにあるのだろうか?
キャスト:青柳尊哉 花ヶ前浩一 正木佐和 檜尾健太 松原正隆 仙頭美和子
監督・脚本 月野木隆 撮影:道川昭如

監督・脚本には、本作が監督デビューとなる30代の市原直、WOWOWシナリオ大賞受賞の40代の杉山嘉一、『白い犬とワルツを』『深紅』等のベテラン、50代の月野木隆がそれぞれ一本の良質な短編映画を紡いでいる!スタッフには「桐島、部活やめるってよ」で第36回日本アカデミー最優秀編集賞受賞の日下部元孝等々、映画界の精鋭が参加。
出演俳優には、尾関伸嗣(“明日の光をつかめ2013夏”で人気急上昇、ドラマレギュラーおよび映画“情事”主演等を控える)、桜木梨奈(映画“耳をかく女”“華魂”の主演、“フィギュアなあなた”“甘い鞭”等)、正木佐和(“女の河童”で米・映画祭「ベストアクトレス賞」“仮面ライダーウィザード“少年H”出演や“青二才”主演等)、青柳尊哉(“コニカミノルタCM”にて2週間で20万アクセスを突破等)たちが煌めく演技をしている。エンディングには、南こうせつの楽曲提供による、「うちのお父さん」。

『Father』
シネマート新宿にて、11/2(土)~11/15(金)公開!
11/2(土)から11/8(金) 10:30~モ-ニングショー。スクリーン2(62席)
11/9(土)から11/14(木)20:45~レイトショー。スクリーン2(62席)
最終日11/15(金)のみ 21:15~ スクリーン1(335席)
当日:一般¥1800/大高¥1500/小中シニア¥1000  ※チラシにお得な割引券が付いてます!
© ㈱アルファセレクション 配給アーク・フィルムズ
公式サイト http://www.father-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で