『東京家族』完成披露試写会が行われ、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋次監督が登壇。本作同様、非常に心温まる、家族の絆を感じさせる舞台挨拶となった。(2012年12月12日丸の内ピカデリー1)

山田監督:一昨年から準備を始めて、クランクインを目前に控えた2011年3月11日に大災害が起きてしまい、延期して今年の3月から撮影を再開し、ようやく完成しました。ですので、「ようやくこの日がきたな」という、特別の感慨が僕にはあります。

橋爪:完成披露で皆さんの目にどういう風に写るのかとドキドキしています。公開日に、もう一回ドキドキしなくちゃいけないのかなと思ってます。今は、満足した皆さんの顔を拝見したいという気持ちです。

吉行:この作品に出演することができて、本当に嬉しかったです。色々な思い出がたくさんありますが、家族というものをもう一度考える機会になりました。長い間女優をやっていますが、この作品に出られて良かったと思いました。

西村:今とてもドキドキしています。寧ろ、ドキドキを通り越してドキマギしています。しゃべる言葉もたどたどしく、緊張でいっぱい、胸もいっぱいです。この作品に参加できて、本当に光栄に思っています。まさか自分が山田さんの作品に出られるなんて。いつも隅っこにいる俺が舞台に立てるなんて。華々しい場所が似合わない男がここにいるなんて…(笑)。皆さん最後まで楽しんでいってください。

妻夫木:山田監督の作品に出られたのはとても嬉しかったです。監督1つ1つの演出が愛情に感じられて、いい緊張感の中で出来ました。出来上がったのを観るとき、いつもは自分の反省点を探してしまうんですが、この作品は入り込んでしまって、気づいたら終わっていました。僕も親に連絡したくなりましたし、「東京家族、いいよ」と伝え、早く見せたいと思いました。幸せの連鎖ができればいいなと思います。

蒼井:私は、2度目の山田組だったのですが、2度も出られるなんて思わなかったので、本当に嬉しかったです。この作品は、日本人の昔から大切にしてきた心が映し出されていますし、本当に実家に帰ったような気持ちになれるので、劇場へ是非足を運んでいただき、皆さんに足を運んでもらえるためにも、私達も頑張って宣伝していければと思っています。


MC:本作は4組のカップルを中心に物語が展開されますが、それぞれどのようなカップルですか?
橋爪:吉行さんとは、映画では3度目の夫婦役なんです。ですので、改めてというよりは、そのままの雰囲気でいけたので、撮影の帰りも吉行さんと一緒に思わず家まで帰りそうになるくらいでした(笑)見終わった後も、「もしかして俺の女房だったのかな?」と思うくらいでした(笑)。
吉行:橋爪さんとは、舞台も一緒にやったり、映画でも夫婦を演じていたので、「これが長年連れ添った夫婦だろう」というところが出せました。2人の間に変な緊張感もなかったんですが、古女房だっと思ってるみたいで(笑)。若い優ちゃんには話すのに、私との会話は、ほとんどありませんでした(笑)。

MC:西村さん、夏川さんは共演されていかがでしたか?
西村:旦那を立てることができる、良く出来た嫁です。
夏川:よく働く真面目ないい旦那さんでした。

MC:中嶋さん、林家さんは共演されていかがでしたか?
中嶋:撮影が楽しくて楽しくて本当に幸せでした。この夫婦は本当に仲がいいんです。映画を見てもらえれば、その深い意味がわかってもらえると思います。
林家:この家族は奥さんが強い!強い!親の事を強く思う奥さんを持った亭主は幸せです。

C:妻夫木さん、蒼井さんは共演されていかがでしたか?
妻夫木:蒼井さんは素直で裏表がない人なので、お芝居をしていても、橋爪さんと吉行さんの話にもありましたが、意識せずに二人の距離感を作る事が出来ました。
蒼井:舞台の稽古では4ヶ月間妻夫木さんと一緒にいた事もあったので、変な緊張感がなく出来ました。この映画では妻夫木さんとより生っぽい会話が出来たのでとても楽しかったです。

MC:本日は日本映画界にとって、大きなトピックスがありますので、発表していきたいと思います。
『山田洋次監督、祝・文化勲章受章』本作は監督生活50周年目の記念作品。
『小津安二郎監督、生誕110年』 ※『東京家族』は、小津監督の『東京物語』をモチーフに作られた。
『西村雅彦さん 生誕52年』

山田監督:お話を聞いた時は、かなりびっくりしましたが、映画界を代表してという気持ちで、映画界を盛り上げていく為にも、もっと頑張らなきゃいけないという気持ちでこの章を受けようと思いました。
西村:自分が小津さんと同じ誕生日だという事は知っていたので、うすうす感づいてはいですが。(笑)今日のことはしばらく忘れません。
MC:そして、ちょっと惜しい方がいらっしゃいます。明日、12月13日は妻夫木聡さんのお誕生日です。
妻夫木:西村さんのお話を聞いた時に、初めて自分の誕生日が明日だという事を思い出しました。惜しいところが自分らしいです(笑)

取材・スチール撮影:南野こずえ

【ストーリー】
2012年5月。瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉(橋爪功)、とみこ(吉行和子)夫婦が上京して来た。
東京の郊外で個人病院を営む長男の幸一(西村雅彦)、美容院経営者の長女の滋子(中嶋朋子)、舞台美術の仕事をしている次男・昌次(妻夫木聡)たち家族が、久しぶりに顔を合わせた。東京滞在中は両親に楽しく過ごしてもらいたいと思う子供たちだったが、のんびりとした暮らしをしてきた老夫婦とでは、あまりにも生活のリズムが違い、家族の間には少しずつ隙間ができ始める。忙しい子供たちは、両親の面倒を見ることができなくなり、二人をホテルに行かせてしまう。そんな対応に、仕方がないと思っていながらも、今まで大切に育ててきたのにと淋しさを感じる周吉ととみこ。そして、周吉は同郷の友人を訪ねるが、そこでも宿泊を断られ、絶っていた酒を飲み周囲に迷惑をかけてしまう。一方、とみこは一番心配な昌次のアパートを訪ね、そこで将来を約束した間宮紀子(蒼井優)を紹介される。
そんなある日、とみこが幸一の家で倒れてしまう・・・。

『東京家族』
キャスト:橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優
監督:山田洋次(『家族』/『幸福の黄色いハンカチ』/『学校』/『男はつらいよ』)
2013年1月19日(土)全国ロードショー (C)2013「東京家族」製作委員会
公式サイト http://www.tokyo-kazoku.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援

Twitter で